JRT ゴン太のdiaryへようこそ!2004.8.15生まれのオトコのコ。 愛知県在住です☆
by ishi_gon
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
カテゴリ:hospital( 66 )
発作のこと。
c0011766_17155351.jpg


みなさま、ご心配おかけしました!
ちょっと、びっくりしたけれど、
ゴン太、現在、とっても元気です。

------------

5月2日。
異変に気づいたのは、20:00前。
なんだか落ちつき無く、
部屋をうろうろしているゴン太。
そして、トイレでもないのに、
トイレの上に座って、じーっとしている。
「おかしい。」と思い、近寄ってみると、
後ろ足がぴくぴく震えていて、
大好きなミルキーボーンを見せても、動かない。
そして、呼吸が荒く、
意識はあるみたいだけど、
もうろうとしている感じ。

しばらくすると、ダンナが帰宅。
ゴン太は、いつものように玄関まで出ていくが、
伏せをしたまま、動かなくなってしまう。
通常なら、耳を倒して、はしゃぎまくるのに・・・。

 「ね、やっぱり、元気ないよね。
  病院へ行った方がいいかな・・・」

と私。そして、

 「おかしい。(病院へ)連れていこう。」

というダンナの言葉で、慌てて準備。
まずは、かかりつけの動物病院の
時間外連絡先に電話。
先生に状況を話すと、

 「今から、病院を開けますので、
  連れてきてください。」

とのこと。
快く病院を開けてくださった先生に感謝し、
急いで、病院へ。

病院へ着くと、先生がゴン太のカルテを片手に、
待っていてくださいました。
もう一度、状況を詳しく説明。
すると先生が、

 「発生時期(生後8ヶ月)と症状からして、
  てんかんによる発作と思われますが、
  他の病気が原因でないか、
  血液検査とレントゲンで確認します。」

ということで、採血&レントゲン撮影。

先生のお話によると、
犬のてんかんは、判定が難しく、
てんかんと似たような症状を起こす、
他の病気(例えば心臓病など)でなければ、
"てんかん"という診断になるそうです。
また、"てんかんかどうか"を、
直接検査することもできるけれど、
実施できるのは、一部の大学病院等のみで、
普通の動物病院では、
↑のように他の病気を除外していく方法が、
取られているそうです。

で、ゴン太の結果は、他の病気は一切無し!
気が動転していて全部覚えていないのですが、
心臓の様子と、肝機能や血糖値などをチェックしていました。
また、てんかんの症状を最初に起こすのは、
生後6ヶ月からと言われていて、
現在、生後8ヶ月のゴン太は、
てんかんによる発作だったのでしょうという診断に。

てんかんって、全身けいれんだけじゃなく、
部分的なけいれんもあるんだって初めて知りました。
↓で、"てんかんによる発作"って書いたので、
全身けいれんを想像された方も多かったかも・・・。
ご心配をおかしましたっm(_ _)m
ゴン太の場合、あのような大きな発作ではなかったです。

そして、てんかんと診断された場合、
投薬治療となるそうですが、
てんかんの症状が1回出ただけで、
2度と出ないコもいるので、
様子を見ていくことになりました。
意識を失うような全身けいれんの発作を起こしたら、
その治療を開始しましょう、ということに。
また、全身けいれんを起こすと、
飼い主側が、とってもびっくりしてしますが、
その発作は、通常5分ほどで治まるので、
慌てずに、発作が落ちついたら病院に来てくださいとも・・。

先生のお話が終わった頃、
ゴン太がいつものゴンに戻っていました。
その様子を見てほっと一安心。

お会計を済ませ、時間外診療なのに、
とても丁寧に対応してくださった先生に、
何度もお礼を言い帰宅。
最初、電話をかけた時、
私、半泣き状態だったから、
先生もびっくりしただろうなぁ・・・

*****

なんだか、突然ことですごく驚いたし、
正直、なんでゴン太が・・・ってショックでした。
でも、その後インターネットで調べたところによると、
犬のてんかんって、結構多いみたい。
そして、ダンナが実家で飼っていたヨーキーも、
てんかん持ちだったとのこと。
全身けいれんを何度もおこしながらも、
16,7年生きたそう。
長生き~!

そして、家でいろいろ話し合いましたが、
今は、2度と発作が起きないことを願いつつも、
もしも起きてしまったら、その時はその時で、
上手に付き合っていくしかない病気だと思っています。

だから、あまり気にせず、
いつも通り、楽しく、元気に遊んでいこう!
そして、blogも再開です☆
今後も、ゴン太のblog&HPに、
遊びに来てくださいね♪
よろしくお願いします☆
[PR]
by ishi_gon | 2005-05-06 17:24 | hospital
元気復活!
c0011766_18403223.jpg
ゴン太に元気が戻ってきました!
目が生き生きとしていますっ!
元気に要求吠えもするし、いたずらもします!
(コレ↑はいけない事ですが・・・)
やっぱり、ここ数日のゴン太は、
だるかったんだね。

今日の朝でお薬は最後。
明日も今日のように元気だったら、
もう心配要らないでしょう!

で、今日は早速近くの公園へ。
すごーーーく楽しそうに走っていました!
c0011766_18404879.jpg

↑こんなに元気ににジャンプもしちゃう♪
やっぱりゴン太は、こうでなくっちゃ!
[PR]
by ishi_gon | 2005-03-06 18:47 | hospital
薬・3日目
c0011766_2184531.jpg
ゴン太くん、今日も嘔吐の気配なし!
もう大丈夫なのかなぁ?
でも、なんとなーーく、目に力がないんですよねぇ・・・
常に眠そう。
まさか、薬の副作用???
それに、いつもならうるさいぐらいの要求吠えが、
ぴたっと止まっているんです。
うーん。
おかしい・・・
まさか、これも薬の副作用???

さてさて、写真の円盤のおもちゃですが、
昔使っていたものが壊れてしまったので、
久しぶりにまた買ってみました。
当時は、すごく気に入っていたようなので、
今回も喜ぶかなぁ、と思いながら渡してみると、
大喜びでカミカミカミ!
やっぱり、このおもちゃ好きなのね。
そして、なんと30分も経たない内に壊してしまいました。
こんにすごい破壊力だから、元気ってことかな?

◆お耳のこと
↓のblogで立ち耳のことを書きましたが、
昨日、仕事から帰ってきたダンナに、
 「立ち耳矯正器具をつけているコもいるみたいだよ。
  どう思う?」
と聞いたら、即答で、
 「ゴン太は自然でいいよ。」
と返ってきました。
 「自然って?」
と聞くと、
 「立ち耳なら立ち耳でかわいいし、
 垂れてたら垂れてたでかわいいじゃん。
 ゴン太はゴン太だからね。」
だって。
 「だよね。」
と私が答えて、この件に関する我が家の話し合いは、
あっという間に終了しました。
ゴン太家、自然に任せます☆
[PR]
by ishi_gon | 2005-03-04 21:24 | hospital
嘔吐⇒病院へ
昨日、元気だったので安心していましたが、
今朝、朝食前に7回も吐いたので、
さすがに病院へ行ってきました。

「朝食を食べさせても吐いちゃうのかなぁ・・・」
と思ったのですが、食べたそうにしていたので、
いつもどおり食べさせてから病院へ。
診察開始まで、まだ時間があったこともあり、
食後1時間ほど様子を見ていたのですが、
朝食は吐きませんでした。

先生には、ここ最近の嘔吐の状況と、
念の為、2週間ほど前に綿棒を飲み込んでしまったことをお伝えしました。
すると、先生曰く、
 「綿棒が腸で詰まっていたら、
  もっと悪さをしているでしょう。」
とのこと。よかった・・・
ただ、
 「可能性としては、綿棒がまだ胃にあって、
 それが胃を刺激し、吐くということも考えられます。」
ですって・・・。
 「その場合、レントゲンでは映らないので、
  内視鏡を使って検査します。」
内視鏡って口から入れるのかな・・・。
麻酔使うのかなぁ・・・。
なんて、いろいろ考えていると、
 「でも、犬は胃がムカムカしていて吐くことも結構あるので、
  今回の状況で、すぐにそこまで検査することは、
  ないでしょう。
  吐き気止めと胃酸の働きを整える薬を飲んで、
  様子をみましょう。」
ということに。
 「薬を飲んでも吐いてしまう時は、
  すぐに連れてきてください。」
とも。
ちなみに熱はなし。体重は6.1kgでした。
c0011766_13233830.jpg
薬は、1日2回で5日分。
液体が吐き気止め。
注射器に入れて、口の横から差込み、
舌の上に乗せるんだって。
ゴン太、大人しく飲んでくれるのかなぁ?
でも、上手にできなければ、
フードにかけてもOKとのこと。
錠剤は、胃酸を整える薬。
フードに包んで、食べさせればOK。
ご飯は、お湯で柔らかくしてからあげること。
吐かなくなっても、薬は5日分全部飲んでくださいだって。
c0011766_13235310.jpg
↑上の写真は、病院から帰ってきたゴンさん。
にっこり笑って眠っています。
飼い主の心配、犬知らず。
早く良くなりますように。
[PR]
by ishi_gon | 2005-03-01 14:08 | hospital
2種混合
ゴン太はもうすぐ6ヶ月。
いつもお世話になっている動物病院の先生に、
「念の為、生後6ヶ月の時にパルポとジステンバーウイルスの追加接種を行いましょう」
と言われていたので、少し早いのですが本日接種してきました。

抱っこして病院に入ると、落ち着きなく動き回るゴンさん・・・(^^; 怖がっているとか嫌がっている訳ではなく、尻尾をふりふり喜びまくっている様子。どうやら受付のお姉さんや、他のワンちゃんの飼い主さんにご挨拶したいらしい。ゴンさん、人間大好きだもんね・・・。

少しして診察室に呼ばれると、今度は先生に尻尾をふりふり大喜び。しかも、診察台に上がると、先生の顔を舐めようと身を乗り出す始末・・・。もうちょっと落ち着きのある子に育てなくっちゃと反省です。ゴン太を押さえながら診察開始。体調に問題がなかったので、2種混合を接種してもらいました。ついでに検便もお願いしたのですが、そちらも問題なしでした♪

そして、最後に肛門線絞りを習えてもらうことに。先生は、丁寧に肛門線と袋の位置を図で説明してくださいました♪すごくわかりやすかったです。で、実際にゴンのお尻で位置を確認した後、先生がお手本を見せてくださったのですが、お見事!さすが先生です。たくさん絞ってくださいました♪次は、ちゃんと自分たちでできるかな・・・?
c0011766_21554782.jpg
「ゴンさん今日、注射痛かった?」(by.ワタシ)
c0011766_21555967.jpg
『注射?』(by.ゴン太)
「そう、注射、注射。」(by.ワタシ)
c0011766_22544211.jpg
『???』(by.ゴン太)
[PR]
by ishi_gon | 2005-02-07 22:30 | hospital
病院デビュー
c0011766_11212282.jpg
ワクチン接種のため、本日、病院デビュー。
騒ぎまくる、騒ぎまくる・・・。
おうちに着くと、爆睡。(⇒写真参照)
疲れたのかな?
ワクチンのせいかな?

c0011766_11215766.jpg

[PR]
by ishi_gon | 2004-10-12 11:19 | hospital


LINK
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧